電子書籍化:続報

■で、ブックスキャン社からダンボールが届いたので、早速ツメツメ梱包してみた。

■これが意外と難しい。

現行の著作権問題に配慮する形で、スキャンした書籍は最終的に破断されて廃棄処分となる。つまり、実体はこの世からなくなり、データだけが残るというわけだ。

その段階において、人類は初めて「本とは何だったのか」と言う疑問に回答が出されたのだった。

つまり、本はデータの集積と言うだけではなく、本という形体自体にも大きな意味合いがあるのだ、と気付かされるわけである。

■哲学的に難しいのと同時に、もうひとつ難しい問題が有る。

これが、経済的問題だ。

データ化することで、家賃に対する書籍の占有率は格段に減る。というか、クラウド化すればほぼゼロに近くなる。

しかし、データ化すると言うこと自体にお金がかかるのである。

ブックスキャンだと、OCR込のプレミアで、200円/350Pである。

 

■となると、

1.本という形で残したいもの

2.データだけでいいから残したいもの

3.お金をかけてデータ化するほどで無いもの

4.いらない本

■暫定的な結論として、本と言う形体ではなくてもいい(not 1)けど、
残しておきたくて、お金をかけても良い(not 3)もの、となる。

いやはや、こんなに迷うとは思わなかった。

■では、どんな本がデータ化一号便に詰められたのか、後ほど紹介していきたいと思います。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メニューを閉じる