本筮法

■先日、易について講義する機会があったので、きっかけにして本筮法を試みてみた。

■普段は八面体のダイスを2つと6面体のダイス1つを使っていたが。

2D8+1D6。

■竹串を50本用意して、順序に則って数を数えていく。

■出た結果は

『雷水解の雷地豫へ之く』。

問題は氷解して、いよいよ準備が整う・・・かな。

■で、気になったんだけれど、本筮法では、陰陽の出現率が偏っている気がする。(確率的均等性が、実は無かった?!)

少陰は陰か? 陽ではないのか?

と言う2つの疑問がすぐに湧いてきた。

■ちょっとひまをみて数学的に解釈したいと思う次第であった。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メニューを閉じる