院長活動履歴


2017.04

『おおもり東口はりきゅう治療室』開院 ☆ ☆ ☆

中臨床センターが閉院してしまいましたが、より駅に近いところに治療院をOPENいたしました☆

電話番号 :03-6404-6395
営業時間:月〜土 10:00~21:00

2017.03

学校法人後藤学園/東京衛生学園専門学校の

中医臨床センターは閉院。

※中医学研究所は横須賀に移転です。

つきましては、私も退職させていただきました☆

TCMA夏大会2017 開催が決定!


2017.02

日本東方医学会 口演

2017年東方医学会「伝統医療と現代医療の融合」

あらゆる治療と融合できるツボと経絡のアプローチ
~はり・きゅう・かっさ~
あらゆる治療と融合できるツボとあらゆる治療と融合できる
ツボと経絡のアプローチ
~はり・きゅう・かっさ~(PDF)


2016.11/11~2017.02/10

中山にある遠寿院:荒行堂にて、今年度の「寒百日大荒行」が修了しました。

アクセス▼
(JR下総中山、京成なかやま)

満行されましたご上人がた、おめでとうございます。

わたしの研修生(教え子)たちも貴重な体験をすることが出来ました。ありがとうございました。


2016.08

TCM夏大会

『かっさ活殺自在術 入門』

 


2015.11/11~2016.02/10

中山にある遠寿院:荒行堂にて、今年度の「寒百日大荒行」が修了しました。

アクセス▼
(JR下総中山、京成なかやま)

本年も、行中の上人たちは無事に満行となりました。
おめでとうございます。

わたしの研修生(教え子)たちも貴重な体験をすることが出来ました。ありがとうございました。


2015.08

TCM夏大会

『ギークな易入門』

『鍼灸処方学 β-版』


2015.04.25

(インタヴュー)

https://www.towatech.net/research/articles/index?serial_id=93

トワテックさんに掲載しています。

前中後編の三部作です。

SnapCrab_NoName_2015-4-25_10-37-57_No-00


2015.02.17

(インタヴュー)

トワテックさんより、『棒灸カバー』についての取材を受けました。

掲載は未定かな?

 


2015.02.10

(千葉県市川市)

中山にある遠寿院:荒行堂にて、今年度の「寒百日大荒行」が修了しました。

アクセス▼
(JR下総中山、京成なかやま)

 本年も、行中の上人たちは全員無事に満行となりました。おめでとうございます。

わたしの研修生(教え子)たちも貴重な体験をすることが出来ました。ありがとうございました。


 

2015.02.05

(専門誌)

医道の日本』2月号

1502_hyoshi

「花粉症へのアプローチ」で症例を掲載。

太田祐志先生と共著


2015.02.01

(中国武術)

正中山遠壽院荒行堂にて、

一年の息災及び武運長久を願って、

太和躰術協会」有志で

御祈祷を受けさせていただきました。

 


 

2014.11.01

(千葉県市川市)

中山にある遠寿院:荒行堂にて、今年度の「寒百日大荒行」が始まりました。

アクセス▼
(JR下総中山、京成なかやま)

 本年も、東洋医学の顧問として、行中の上人たちの健康管理をお手伝いいたします。

明くる年の2月10日まで。

 


2014.09.23

(東京)
石学敏 教授( 醒脳開竅法の創始者)
記念講演
招待されて、参加させていただきました。

1-IMG_2342


2014.09.16

(東京)東京衛生学園
講義「漢薬概論」 終了(全15回)


2014.08.03

(東京)中医学ネットワーク
講義「中医鍼灸処方学」
実技「かっさ療法」
制作「棒灸カバー制作


2014.05.24
(名古屋)日本中医食養学会
講義「中薬・方剤」(二日間)


2014.04.26-27

(東京)日本中医食養学会
講義「中医学基礎理論」


2014.04.23

(東京)国立筑波大学
理療科教員養成課程
講義「東洋医学概論」
実技「鍼灸補瀉手技」


2014.04-

(東京)東京衛生学園専門学校
東洋医療総合学科 講義「漢薬概論」開始


2014.03.03

(東京)「頭皮針」の朱明清氏が来日、講演。
招待されて参加させていただきました。


2013.10.06

(東京衛生学園)
掌桜会設立30周年記念特別講演会
陳玉辰 先生

「腰椎椎間板ヘルニアに対する推拿による動態的手技治療」 に参加


2013.04.09

(東京)第4回統合医療による認知症Gold-QPD育成講座シルバーコース

実技指導「三焦針法」

20130409-02


 

 

 

コメントを残す